So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

母が差し歯の治療をする [介護日記]

何年も以前に設置した差し歯。
前歯の、差し歯二本がぐらぐらしてきていました。
その隣の一本は、寝ている間に無くなってしまいました。
その奥の差し歯も半分に欠けてしまいました。
寝たきりになって8年の間に、口元美人とは言えなくなっていました。

「この4本を直しましょう」と、先生がおっしゃいました。
咽頭ケアで、口が大きく開くようになり、
咽頭と口腔の健康を取り戻したからだと思います。

一回は、往診で歯形をとりました。
二回目は、歯科医院へ運び込み、仮歯をいれました。
此の時点で、驚く程、口元美人になりました。
差し歯3本の土台に、4本分の差し歯がつながりました。
母は、実に静かに治療を受けていました。
途中で先生が「こんなふうに入れます」と、
差し歯を入れる前の土台をみせてくださいました。
お母さん、もう少しだから、がんばってね!」と声をかけると、
「ふ〜」と深いため息をついたので、皆で笑ってしまいました。
わかってるんだね〜、やっぱり。

三回目も、病院へ運びました。
機械が揃っていると、治療が丁寧にできることが良くわかったのです。
奥歯の虫歯も見つけて、直していただいて、
家で、簡単に直してあった部分も綺麗に整えて頂きました。
本歯を入れて、ぐっと、また口元美人になりました。
いろいろ治療部分が増えたせいか、何度もうなり声が聞こえてきました。
終わった時、頬にも、唇にも、傷が少しありました。
先生は「傷はすぐ治るから、ほっといて大丈夫!」

噛む力が、強くなりました。
口腔ケア、咽頭ケアの時、気をつけないと
指をしっかり噛まれます。
これはかなり痛いです。^^;
先生は、欲がでたのか、
「あと、これとこれも、治したいな〜」

ちょっと考えさせて頂く事にしました。
…^^…

永井一郎先輩へ黙祷 [声優日記]

やっと、現実なんだと思う。
永井先輩は
一龍斎春水の真打ち披露パーティーに出席してくださった。
「洋子はスタジオでいつも立っていた。
 始まった頃ずっと、緊張して座れなかったんだ」
宇宙戦艦ヤマトの収録スタジオでの思い出を語って下さった。
私が東京住まいだったとき、地下鉄で一駅違いのご自宅。
そんなご縁もあって、何年か我が家での「英会話教室」の
メンバーとしてお付き合いくださった。
授業が終わると、裏の居酒屋さんで、先輩はたくさん呑んだ。
頭脳明晰、意欲満々、仕事に誇りをもっていらした。
しばらく合えない時期が続いて、久しぶりで逢えた時、
癌を患ったと伺った。
「喉頭癌でも、ほろ酔い加減で声が出る!
血流が良くなるから、出るんだ」と、聞かされた。
マジ?と思っていたが、ずーっと見事に仕事をこなされた。
プロの喉は、宇宙人の喉になる。
私の師匠・貞水も同じだ。
手術して管を通しても、抗がん剤で弱っても、
声が出る、見事に出る、凄い表現ができる。
私はまだまだ、情けない後輩である。
黙祷。

第四回藤沢講談会 [講談日記]

http://yokoharumi.com/me/web2/schedule/img/20140315.pdf#zoom=100

今年も藤沢市民会館小ホールで開催します。
上記アドレスがチラシ掲載ページになります。

434席で半数が指定席2800円
半数が自由席2500円です。

3月15日(土曜日)午後からの会です。
師匠貞水、落語家の桂歌助師匠、秋に真打昇進を控える神田春陽
そして私・一龍斎春水と、前座に宝井梅湯です。

今年は東海道シンポジウムが「藤沢宿」で開かれます。
そのプレイベントの役割も仰せつかりました。
よろしくお願い致します。

番組出演のお知らせ [介護日記]

ハートネットTV」という番組に出演します。
放送は1月23日木曜日午後8時からと
    再放送が翌週の午後1時からです。
http://www.nhk.or.jp/heart-net/tv/calendar/2014-01/23.html

NHK教育TV(ETV)全国放送です。
母の介護のことで取材を受けました。
母の介護チームをどのように作っているかとか、
口腔ケア、咽頭ケアのこととか、
講談で呼んでいただいて、ついでに介護のお話も
させて頂いているとか、しゃべっています。

取材の日、母は緊張していました。
で、状態が悪くなっていたので、
大変な介護のように映ってしまいました。
姉もインタビューされていました。
ケアマネさんも、看護士さんも、マッサージ師さんも
皆緊張していました^^

介護にたくさんのプロの方々の助けを求めた方がよいこと、
思う事は相手に伝えて良い介護の環境を作るべきだと思う事、
介護させてもらう事で勉強出来る事があるということ、
だから堂々と介護してもらってください!ということ、
伝わったらよいな〜と思います。

でも、つくづく、おしゃべり下手な私だと思いました。
反省!!

この取材をして頂けて、感謝です。
番組は毎週月曜日から木曜日迄の帯番組で、
とっても良い番組です。
勉強になります。

謹賀新年2014 [介護日記]

明けましておめでとうございます。

年末からお正月5日まで、訪問看護士さんもヘルパーさんも
お休みでした。
6日の今日は、午前中に訪問看護士さん、
お昼に歯科医の訪問医療
午後にヘルパーさんが全身清拭に来て下さいました。

去年も一昨年も、このお休みの間に母の具合が悪くなったので
心配していましたが、無事乗り切れました。

足湯が良かったみたいです。

昨年夏の大腿骨骨折から、入浴介護が出来なくなっています。
せめて足だけでもと、「冷え取り君」というものを使い
足を洗って温めました。
すご〜くお湯が汚れたと言う事は、すご〜く汚れが取れた、
ということです〜〜〜!
顔色も良くなり、気持ち良さそうになりました。
やっぱり、血行を良くする、循環を助ける事をするのは大切ですね!

もう一つ、凄い治療器を見つけたんです^^
へへ ^^;
血行を良くして、自然治癒力を回復させて、
元気になろう!の機械。
これは、結構なお値段のもので、
姉が大枚はたいて購入しました〜〜〜!
もう少し体験してから、発表しま〜〜〜〜〜す。

2013年の年末に [介護日記]

今年の始めに、母は二度も救急車で運ばれ、
もう今年は最期が訪れるのかな〜と思っていました。
8月には骨折をして、またまた無理かな〜と
思っていました。

しかし、先週NHKが「ハートネットテレビ」という番組の
取材に来て下さり、来年の1月22日か23日には
再びテレビ出演となる予定の母です。

大腿骨の骨折は、
骨が繋がってはいないのかも知れないけれど、
オムツ替えなどに全く支障はなく、
座らせる事もできます。

次の胃瘻交換のときにでも、またレントゲン撮影
して頂いて確認しようか〜という位の状態になりました。

件の「裁判」ですが、
先日、裁判所からの「和解勧告」を受け、
終了することにしました。
結果を見ると、こちらの「勝訴」と感じられるものです。
でも、裁判は一年間かかり、幾ら支払うかの問題に終始し、
疲労を感じる事は否めません。

何か同じような問題を抱える方に伝えられる事と言えば、
やはり「チームで介護」をすること。
看護士さんを初め、スタッフが記録していてくれた
母の状況証拠は大きなものとなりました。
事故後にすぐ写真撮影をしておいた事も
大切な証拠となりました。
市役所の介護課に問題提起をして動いて頂いた事も
大切なことであったと思います。

看護の現場に立ち会う人々が、状況を直視すること。
問題から逃げない事が、大切だと思います。

来年一月放送の「ハートネットテレビ」NHK Ech
夜8時からの番組。
直前に詳しくご報告します。


東京新聞・中日新聞に記事がでる予定 [春水&洋子]

「家族の話しをしよう」という欄が「家庭欄」にあり、
多分10月27日の日曜日に掲載らしいです。
東京新聞と中日新聞だと思います。
手に入るかた、読んでくださいまし。

NHKラジオにゲスト生出演 9月9日午後です [春水&洋子]

NHKラジオ第一 ゲスト生出演のご報告!

9月9日午後一時半から三時迄。
「ごごのまりやーじゅ」に、「講談師・一龍斎春水」
ゲストでトークでございます!

生放送なので、メールやFAXどしどしくださいませ。
http://www3.nhk.or.jp/netradio/hensei.html?d=3&o=0&area=tokyo
番組表の9月9日月曜日をチェックしてね♡

母上、今度は大腿骨骨折! [介護日記]

7月31日というか、8月1日というか…でした。
母が家のベッドから落ちて、骨折に至りました。

救急車で搬送、
「寝たきりの介護度5、さらにそれで7年では…
 肺炎を起こして3~4日の命でしょう」と言われました。
自宅に戻ればより早く死に至る…と。

でも、自宅で看取りたいので、無理矢理戻りました。
それから間もなく一ヶ月。
蘇っています。
きっと骨も繋がると思います。
凄く回復が早いのです。

三年前、施設で骨折させられたときは、
直ぐにレントゲン撮影もしてもらえず、
申し送りも無く、単純骨折が、
施設の職員によって複雑骨折にされました。
回復に半年かかりました。
それでも、半年で母は蘇りました。

今回は、直ぐに骨折部位を確認し、丁寧に運んで、患部を安静に、
(ギブスをしないので、固定ではなく)
ホームドクターも真夜中の対応を何度もしてくださり、
民間療法的な冷却法で、患部の熱を気長にとり、
看護士さんも介護士さんも、朝早くや夜遅くの対応をして下さり、
その結果、一ヶ月…
今日の母の測定値は、体温36度、血中酸素濃度98%、血圧124/74 

足は少しずつリハビリを始めようかな〜という感じ。
いやいや、9月6日のレントゲン撮影の日までは我慢…せねば。

せっかく食べられるようになった嚥下のリハビリは
身体を起こせなくなったので、中断していますが、
出来る事はやっているので、吸引もしないですんでいます。

骨折の日、私は四国に居りました。
公演中に母が亡くなるかも……と、思いながら。
仕事は喜んでいただけましたが、
私のまつ毛エクステは半分とれました^^;

姉上はパニックの中、頑張りました。
介護タクシー「むすびや」のゆいこさんも、
ヘルパー資格をとってくださっているので、
すご〜く頼りになります。

どんな時も、対応してくださる野本先生にも
つくづく、心から感謝と思います。

という訳で、介護はまだまだ続きます。
母は、温かいまま居てくれます。
ときどき、可愛く反応してくれます。

本当は、母がいろいろ助かってるんですが [春水&洋子]

養成所シャインの生徒だった中川奈美さんから
ピンク可愛いファイテンネックを頂いた事からはじまりました。
母にいろいろ効き目を感じ、家族はそれを見て、愛用して、
恩恵を受けているので、お手伝いをさせて頂く事になりました。
その接点のファイテンスタッフ相澤さんは、
なんと、元「こだぬき会」の会員、というより貴重なスタッフでした。
「こだぬき会」は、麻上洋子のファンクラブです。
あの頃高校生だった彼と、こんな出会いができるなんて、感動でした。
中川奈美さんも、声優に女優に歌手にナレーターに司会者に、
ホント、頑張ってて、刺激をうけます。

ファイテンさんで作って下さった映像をご覧下さい。

http://www.phiten-bodycare.com/person/03.html

ファイテンバナー.png
前の10件 | -
メッセージを送る