So-net無料ブログ作成
検索選択

小学六年生と講談教室 [講談日記]

私の地元の小学校で四年前から、教育委員会の支援を頂いて、
講談教室を年一回行っています。
今年も、三クラスに各二時限ずつ頂いて、講談を教えました。
演題は「那須の与一、扇の的」
その前日、体育館で全校生徒対象に、講談会を催しました。
前座の銀冶さん「木村又蔵」、二つ目の春陽さん「越海勇蔵」、
そして春水は「金子みすゞ」
六年生の感想文です。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
講談なんてつまんないと思っていたけれど、楽しかったです。
強く言ったり、のばしたりするのがすごいと思いました。
自分もやってみてむずかしい所もいっぱいありました。
でもバンとたたく所がおもしろかったです。

「あご」もつかれるし「腕」もつかれるし・・・
30分も40分も休憩なしでやるなんて気が遠くなります。
長い文章をおぼえて、やるのはすごいと思いました。
僕は5分でつかれました。
こんなに大きな声を出しつづけたのは、はじめてです。
でも、竹の棒でパンってたたくのが楽しかったです。

自分はこんな長い文章できない。絶対ムリッ、と思っていたら、
3回目ぐらい、練習したら、もう、なれた?みたいになって、
最後の方は、ラクに読めました。
本当にありがとうございました。楽しかったです。

講談を聞かせてくれて、おしえてくれて、ありがとうございます。
おしえてもらった事は、家族におしえたいです。
お母さんや、お父さんや、おとうとや、姉に聞かしてあげたいと
思います。

僕は最初は全然読めなかったけど、先生がおしえてあげる!!
覚えさしてあげる!!という気持ちが伝ってきました。
僕も先生になったり、みんなにおしえるようになったら
気持ちが伝わるように、おしえて上げたいです。

大きな声をだしたらとてもスッキリしました。
なのでストレスなどがたまったら大きな声で講談しま〜す。

棒のような物でバンバンたたくのが面白くて、ずっともってました。
ちょっと分を読むのが長くてつかれたけど、やばいぐらいツボに
はまってしまいました。

私が一番好きな所は「その日のいでたちは・・」の所です。
歌みたいになっている所が好きです。

まえに、おねえちゃんがこの授業やって、楽しそうだなって、
まえから早くやりたいなと思い、やっとできて、
とてもたのしかったです。

ぼくたち6年生にとって4回目の講談教室でした。
昨日の体育館での講談のときは、ちょっとあきてねむくなる事もあったけど、
いっしょうけんめい話している春水さんを見てると、
とてもねむれませんでした。
毎年来て下さってどうもありがとうございました。
銀冶さんの話しをきいたのは初めてでした。
春陽さんはノリノリで、きいていて、楽しくなる話しでした。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
2年生と4年生からの感想文もあります。後日公開。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

あおきくにえ

はるみさん、先日の土曜日はありがとうございました。
小学生の皆さんへの講談、そして講談教室、素敵なご報告、楽しみに読ませて頂いています。
小学生のみんなが、みすゞの詩を一緒に暗誦してくれたという情景を想像し、感動しました~☆
by あおきくにえ (2007-12-13 15:21) 

c-ookubo

2月には他の小学校でも口演をさせていただくことになりました。
講談を知っていただきたいこと、大きな声を出して読む事の
楽しさを知っていただきたいこと、日本語がきれいだなと感じて
もらうこと、やりたいことを見つけて夢や目標に向かって、
とにかく前へ突き進んでゆくこのと楽しさを知ってもらうこと、
今の自分より、もっともっと大変な状況の人たちが、
前向きに頑張って生きていた事を知ってもらいたいこと。
微力な私でも、なにか役にたてたらと願うばかりです。
by c-ookubo (2008-01-11 10:00) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る