So-net無料ブログ作成
検索選択

講談会in延岡 みすゞ [講談日記]

2008/9/14 延岡で講談会をさせていただきました。
そのときのお客様が、講談協会にわざわざお問合せをくださり、
転送、転送で、私の元にお便りが届きました。
とっても元気と感動をいただきました。
母に読んで聞かせてあげました。
泣いていました。喜んでくれたようです。
感謝を込めて、ここに掲載させていただきます。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
一龍斎春水先生
拝啓
 素晴らしい感動を教えて頂いた先生に一言御礼を申し上げたく,突然で誠に恐れ入ります
が、お手紙を差し上げる次第です。

 私はこの9月14日、宮崎県延岡市で先生の独演会を拝聴いたしました。グループで参加
の方がたくさんおられたようですが、私は関係なく一人で行きました。独演会のことは義弟
に何かの拍子のとき告げられました。先生のことも、大変失礼ながら、地元のメディア
報道で知りました。全く偶然に先生の講談に出会ったという表現が当たっています。
でもいま、その偶然に感謝しています。

 先生に美しい涙を頂いたからです。

 『童謡詩人 金子みすゞ』お話が進むうちに、私は、何度もヨッシャーと叫びたいよう
な、強烈に拍手したいような衝動に駆られていました。うまくいえませんが、なにかこう、
じわじわと涙腺にきていました。お話が終わると、当然のように金子みすゞの本を買って
帰りました。もとより私には芸術心などなく、詩の善し悪しなどとんとわかりません。
しかし、先生がお話された詩が出てくると、その詩の背景が先生の声で蘇生し、ああそう
なのかと、何度も読み返しました。そうして、『露』と『こころ』では、どうしたことか
不覚にも泣いてしまったのです。
 はっきりいえることがあります。先生のご案内を聴かないでみすゞの本を手にしていた
ら、ふんふんと読んだあとは、昨日の新聞でも片づけるように投げやっていたことでしょ
う。60歳にもなると感動することなど絶えてありません。先生の講談は、失いかけてい
たものを取り戻して頂いたような気がしております。

 本当にありがとうございました。
 今後とも更なるご活躍をお祈りいたします。
                                     敬具
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
幸せです。
心を込めて、語り続けたいと思います。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。