So-net無料ブログ作成
検索選択

危うく母迄 [春水&洋子]

ちょっと口演の長旅から帰宅の深夜
母の様子が少し変???

翌朝の訪問看護士さんが、血中酸素濃度が低いのに???
明くる日が内科医師の訪問日だったので、
連絡を取っていただいて「明日、血液検査をしましょう」ということに。

その深夜3時半ころ、母の体が冷たい汗でびっしょりに。
目が上がって、唇が黒くなってきて…

病院の緊急対応電話番号に通知、
医師から入院先に連絡を入れて頂いて、
救急車を呼んで、搬送。
血中酸素濃度は70%台、
重炭酸が10台、
ナトリウムが110台、

いつ急変してもおかしくないと言われ…
泊まりました、病室に。
ドキドキ、ハラハラ、

夜中に痰を詰まらせるたび、ナースコール

しかし!復活!!!
母は凄い!
来週には退院。
でも、交代で部屋に泊まります。

今日居る部屋は、富士山がよく見える素晴らしい独り部屋です。
一番高価な独り部屋だけど、他が空いていないので、
一番安い独り部屋料金で泊めて頂いています。
母、ラッキー!!!

コンドミニアムな感じです。
目が見えたら、意識があったら、どんなに母は…

でも「お家が一番」な母です。
「早くお家にかえろぅ」と言った母の声が聞こえて来ます。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。