So-net無料ブログ作成
検索選択

会津の女性 [講談日記]

明日から10日間、国立演芸場で「大演芸まつり」開催。
毎年、下記協会単位で一日ずつ、総出での公演です。
「講談協会」「漫才協会」「ボーイズバラエティ協会」
「日本奇術協会」「東京演芸協会」「落語協会」
「日本浪曲協会」「太神楽曲芸協会」「日本司会芸能協会」
祭り写真.png
明日1日は「講談まつり」
「新島八重と会津魂」と題しての公演。
私、一龍斎春水はその中で「会津人列伝」というコーナー
2分で自分の選んだ人物の会津魂を語ることを任されました。

「若松賤子」という女性を語ります。
2分で^^;

イギリス生まれのアメリカ人バーネット夫人が書いた
少年少女小説「小公子」。
これを美しい日本語で翻訳いたしましたのが、
会津藩士の娘・若松賤子。
その名は、会津若松と神のしもべという意味のペンネーム。
クリスチャンでございました。
四歳で戊辰戦争にあい、家は没落、一家は離散。
横浜の裕福な家に引き取られ、
開校したばかりの英語塾に通い始めたのは、
賤子七歳の時でございました。
その主催者が、フェリス女学院の創設者。
女学院の第一回目の、たった一人の卒業生・賤子は、
「小公子」を女学雑誌に四十五回の連続講談として!
もとへ連続小説として発表をした。
神が引き合わせたと言うべきか、
その雑誌主催者と神の名の下に結婚をする。
この時立会人になったのは、
あの西郷頼母邸で女性全員が自刃して果てた時、
その立会人となった中島信行でございました。
この時、賤子は夫へ詩を贈りました。
「私は貴方のものになるのではありません。
私は、わたしのもの。
夫のものではありません。
あなたが成長することをおやめになったら、
私はあなたを置き去りにして行きます。
花嫁のベールは、その翼を隠しています」
戊辰戦争の時代に生まれ、キリスト教を通して世界を見た賤子。
三十三年の生涯に凝縮された思い、
会津の女性の誇りを記憶にとどめて頂きたいと存じます。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。