So-net無料ブログ作成

母上、今度は大腿骨骨折! [介護日記]

7月31日というか、8月1日というか…でした。
母が家のベッドから落ちて、骨折に至りました。

救急車で搬送、
「寝たきりの介護度5、さらにそれで7年では…
 肺炎を起こして3~4日の命でしょう」と言われました。
自宅に戻ればより早く死に至る…と。

でも、自宅で看取りたいので、無理矢理戻りました。
それから間もなく一ヶ月。
蘇っています。
きっと骨も繋がると思います。
凄く回復が早いのです。

三年前、施設で骨折させられたときは、
直ぐにレントゲン撮影もしてもらえず、
申し送りも無く、単純骨折が、
施設の職員によって複雑骨折にされました。
回復に半年かかりました。
それでも、半年で母は蘇りました。

今回は、直ぐに骨折部位を確認し、丁寧に運んで、患部を安静に、
(ギブスをしないので、固定ではなく)
ホームドクターも真夜中の対応を何度もしてくださり、
民間療法的な冷却法で、患部の熱を気長にとり、
看護士さんも介護士さんも、朝早くや夜遅くの対応をして下さり、
その結果、一ヶ月…
今日の母の測定値は、体温36度、血中酸素濃度98%、血圧124/74 

足は少しずつリハビリを始めようかな〜という感じ。
いやいや、9月6日のレントゲン撮影の日までは我慢…せねば。

せっかく食べられるようになった嚥下のリハビリは
身体を起こせなくなったので、中断していますが、
出来る事はやっているので、吸引もしないですんでいます。

骨折の日、私は四国に居りました。
公演中に母が亡くなるかも……と、思いながら。
仕事は喜んでいただけましたが、
私のまつ毛のエクステは半分とれました^^;

姉上はパニックの中、頑張りました。
介護タクシー「むすびや」のゆいこさんも、
ヘルパーの資格をとってくださっているので、
すご〜く頼りになります。

どんな時も、対応してくださる野本先生にも
つくづく、心から感謝と思います。

という訳で、介護はまだまだ続きます。
母は、温かいまま居てくれます。
ときどき、可愛く反応してくれます。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。