So-net無料ブログ作成
検索選択

2013年の年末に [介護日記]

今年の始めに、母は二度も救急車で運ばれ、
もう今年は最期が訪れるのかな〜と思っていました。
8月には骨折をして、またまた無理かな〜と
思っていました。

しかし、先週NHKが「ハートネットテレビ」という番組の
取材に来て下さり、来年の1月22日か23日には
再びテレビ出演となる予定の母です。

大腿骨の骨折は、
骨が繋がってはいないのかも知れないけれど、
オムツ替えなどに全く支障はなく、
座らせる事もできます。

次の胃瘻交換のときにでも、またレントゲン撮影
して頂いて確認しようか〜という位の状態になりました。

件の「裁判」ですが、
先日、裁判所からの「和解勧告」を受け、
終了することにしました。
結果を見ると、こちらの「勝訴」と感じられるものです。
でも、裁判は一年間かかり、幾ら支払うかの問題に終始し、
疲労を感じる事は否めません。

何か同じような問題を抱える方に伝えられる事と言えば、
やはり「チームで介護」をすること。
看護士さんを初め、スタッフが記録していてくれた
母の状況証拠は大きなものとなりました。
事故後にすぐ写真撮影をしておいた事も
大切な証拠となりました。
市役所の介護課に問題提起をして動いて頂いた事も
大切なことであったと思います。

看護の現場に立ち会う人々が、状況を直視すること。
問題から逃げない事が、大切だと思います。

来年一月放送の「ハートネットテレビ」NHK Ech
夜8時からの番組。
直前に詳しくご報告します。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る